コールセンターではCRMが大活躍する|快適に業務をするコツ

男女

効率化と人件費削減

女性

本業に専念できる

電話代行サービスは、会社や事業所にかかってくる電話を一括して代行受電してくれるサービスです。一般的な電話から、新規受付など様々な内容の電話を代行してくれるため、事業所に電話応対するスタッフを置く必要もなく人件費節約にもつながります。また電話対応に追われることもなく、本業に専念できるなどの理由から電話代行を利用する事業者も増加しています。電話応対のプロが電話対応をして、必要な情報のみ伝えてくれるため、余計な情報や処理に追われることが発生しないなどの利点もあります。また、場所を構える必要もありません。事業所は東京にあっても、地方のコールセンターで電話代行を行うことで、人件費などのコスト削減につなげることも可能なのです。

電話対応以外の料金に注意

最近では電話以外の情報手段で、コンタクトをとることも多数あります。そのため電話代行以外にも、メール代行や郵送代行などのサービスを行っているコールセンターもあります。電話で受付した案件をメールで返信するなど、特定の情報ルートもつけることができます。気を付けなければならないのは、電話主体で行っている会社に委託する場合、メールなどの処理はオプション扱いになる事もあります。電話は基本料金のなかで対応しますが、メールは一件いくらの別料金になるなど契約形態が会社によって異なります。そのため今後の事業展開も含めて、電話代行のサービス内容は事前に確認しておくことが必要になります。電話代行を利用するのは個人事業主が多く、特にコストにはシビアになっておく必要があるのです。